マイナンバー対策【副業バレを防ぐノウハウと解決方法】

夜のお仕事マイナンバー対策サイトマイナンバーは大丈夫!先輩と学ぶ対策サイトで会社バレ、身内バレを防ごう 夜のお仕事マイナンバー対策サイトマイナンバーは大丈夫!先輩と学ぶ対策サイトで会社バレ、身内バレを防ごう

マイナンバー対策【副業バレを防ぐノウハウと解決方法】

マイナンバー制度の狙いの一つは、個人の所得を完全に把握し、徹底的に脱税を防いで、税収を上げようというものらしいですね。
そうそう!国に所得に関する情報管理が徹底されるし、正確に所得が把握されることになるみたいだよ。
会社に副業がばれる 一番の理由は、住民税の金額からだそうですね。
そうね。会社勤めの人は、税金が毎月の給料から引かれてているわよね? これは、特別徴収といって、勤め先の会社にあなたの住民税の請求が届いて、会社が給料から天引きをして住民税の支払いをしているということなの。確実に税金を徴収するための対策ね。
住民税の金額は所得金額から決まるんだよね。だから、副業などでたくさん働くと多めの住民税が会社に通知されるわけ。で、おかしいなと思われてばれる。
そこで、副業分の住民税を特別徴収から自分で納める普通徴収にしてもらえばいいわけなの。 住民税の徴収については地方自治体によって取り扱いが違う場合もあるみたいだから、必ず確認する方がいいわ。
なるほど~。
ただし、そればキャバクラ嬢が個人事業主扱いされるお店だけなの。 個人事業主とは、個人で事業をしている人で、例えば個人の歯医者さんや一人親方は個人事業主とされるわ。キャバ嬢は外注さんと同じ扱いになるの。 キャバクラの収入が、お店によっては給与所得になっているから注意が必要よ! 給与所得の場合、副業分を特別徴収から普通徴収にしてもばれる可能性は高い
なんで、事業所得か給与所得かで、ばれたりばれなかったりするんですか?
それはちょっとだけ難しい問題なんだけれど、「住民税が普通徴収になるのは、給与所得以外の所得」と決められているからなの。例えば、自営業の人の事業所得や、大家さんの不動産所得が例に挙げられるわ。 給与所得者は、毎月一定の金額を得ることができて、経費がないから、安定して税を徴収できるとされているのね。だから、副業でも給与所得者は税金が天引きされるの。
なるほど~!
だから、20万円以上稼いで、副業バレを防いで働きたいなら、働くお店や職種が個人事業主かを先に確認して働くこと。そして、確定申告の時に副業分を特別徴収から普通徴収にすることで問題が解決するはずよ。

Check Point

自分の副業が給与所得事業所得かを確認しましょう。給与所得であれば、副業ばれを避けることは難しいです。 ※コンビニなど給与所得の副業をしている人は、何とか言い訳をたてて、住民税を全て自分で納付する普通徴収にするしかありません。しかし、会社は特別徴収を強制されているので、あえて普通徴収にすると言えば不審に思われる可能性は高いです。 事業所得であれば、副業分だけを普通徴収にすることで、昼間の勤め先にばれることを防げます

マイナンバー対策の記事一覧 マイナンバー対策の記事一覧