マイナンバーによる副業バレにお困りではありませんか?

2015年に「マイナンバー」の施行が行われ、実際にマイナンバーカードが手元に届いた方もいらっしゃると思います。国としてメリットが大きいと言われているマイナンバー導入について、一部の方々にはとんでもない「デメリット」を招きそうな話も出てきており、話題になっています。

すなわち、マイナンバーが導入されると、副業による収入も勤務先に通知されるため、会社に副業がバレる、というもの。

そもそも副業を禁止している会社が多い上、例えば水商売をしている方であれば、夜のお仕事をしていること自体も知られたくないとお考えだと思います。

マイナンバーにより副業がバレるのは本当なのか、バレる場合はどこまでバレるのか。本サイトでは、気になる実態や基礎知識、対策法についてアプローチをします。

キャバ嬢、風俗嬢のマイナンバー相談を受け付けます。

当サイトは、水商売に携わる女性が、一層安心して勤めることができるよう、各種情報を取り揃えました。

マイナンバーにおける副業バレの実態は、結論としては「ケースバイケース」。匿名でもよいのでご相談をいただき、詳しく貴女の勤務状態等を教えていただく必要があります。とにもかくにも、「確定申告や税金」「マイナンバー」のお話は難しいですよね。ぜひプロにご相談ください。